鍼灸治療は、どこでも同じだと思っていませんか?
得意とする症例-★リウマチ★
リウマチでお悩みなら
東京新小岩 鍼灸治療院 希心院
(東京都葛飾区東新小岩)
【症状】
「リウマチ」とは、関節や骨、筋肉、じん帯、腱などが痛む病のことをいいます。「リウマチ」の種類は200以上あるといわれ、関節リウマチは有名です。その他にも痛風、リウマチ熱、膠原病なども含まれます。「リウマチ」は、女性に多い病で、慢性関節リウマチは、男性と比べて四倍も比率が高いといわれます。
朝にこわばり感があれば初期症状といえます。目覚めたときの関節のこわばり感、ぎこちない感じのことをいいますが、六週間ぐらい続くと「リウマチ」と考えてよいでしょう。その他の症状には、疲れやすい、食欲不振、微熱、手足のしびれ、筋肉の一時的な痛みなどがあります。
「リウマチ」が進行していきますと、関節に熱、腫れ、炎症が起きるだけでなく、疼痛があり夜も寝られない状態になります。そして進行すると関節の変形がみられます。
手に見られる変形としては・・・親指の乙型変形、指の外側変形、指関節屈曲、指関節の伸びがあります。
手首では・・・亜脱臼しますので、手が落ち込んで見えるような形となります。
肘では・・・肘関節が屈曲し、肘を伸ばすことができなくなります。
足のリウマチも手のリウマチと同様な症状をみせます。
【原因】
身体が衰弱し自然治癒力が落ちて寒気にふれますと、病の主因となります外因の内の寒気(冷え込み)が足底から侵入、かつ上昇し腹部を得て腰の仙骨に流れ込みます。
仙骨の働きは身体の全体調整を行う器官でありますが、冷え込んだ寒気は、ここで熱邪気に変化して、身体の表面のエネルギー通路に流れ込み関節部分に滞りますと、「リウマチ」が発生するというが当院の考え方です。
仙骨から熱邪気に変化したものが、流れ込むエネルギー経路によって、「痛風」となったり、「膠原病」となったりして患者さんを悩ませることになっていくようです。「リウマチ、痛風、膠原病」が病の親戚といわれるのも東洋医学の考え方からするとうなずけるものがあります。
【治療】
当院では、初めに痛みの原因となっています熱邪気の処置を行い、次に、病の主因となっています寒気(冷え込み)を取り除き、三つ目に自然治癒力を強め健康回復に役立てるという手順で行います。
しかし、リウマチは特に個人差がありますので、詳しくは、ご来院時にご相談くださいますようお願いいたします。
【ツボ】
★リウマチに効くツボ
“希心院”でつかう主なツボは、右関門、大巨、天枢、照海、中封、商丘、申脈、陽陵泉、陰陵泉、帯脈、腰兪、会陽、次髎、小腸兪、脾兪、腎兪などです。
★ツボの効能
“小腸兪”・・リウマチ熱をとるのに適しています。
“中封”・・・体全体の気の通りを良くするのに用います。
“腰兪”・・・病邪を体外に追い出す働きをするツボです。
“陰陵泉”・・病を癒す力をつけるために用いるツボです。
★ご自宅でお灸される方には・・・
お薦めのツボ・・「中封」「商丘」「申脈」をお薦めします。
毎日3壮ずつすえると気持ちが楽になってきます。簡単ですのでお薦めです。
【ポイント】
最近、がんばる方、一生懸命に働いている女性の方、立ち仕事をしている方が来院されています。朝にこわばり感のある初期症状の方は・・・もしかしたら、と思ったら、すぐにご相談されるとよいと思います。早期治療がもっとも有効です。
【目安料金】
週に2~3回。
1ヶ月~3ヶ月を一つの目安とお考えください。
近くの方は、週に2~3回、遠方の方は、週に1回ほどをお薦めしています。
リウマチの場合、個人差がありますので詳しくは、ご来院時にご相談ください。
料金の目安は、
1回7000円 (60分)
10回コースの回数券ですと・・・60000円
+初診料2000円
【返金保証】
信用を大切にする希心院ならではの【返金保証制度】あなたの満足度でお決めください。
10回治療後、症状が初期とまったく変わらないければ申し出により、返金いたします。または、半額返金いたします。
【その他】
「リウマチ」の方とのカウンセリング相談をして分ったことですが、なにか一つの考え方に捉われている、執着しているように思われることがあります。こだわっているところがありましたなら、それを捨てる気持ちをもち、さっぱりとすることも回復のポイントかもしれません。
希心院 | アクセス